あらかじめ必要になる道具を集めておき鍵交換に備える

鍵を購入する際にチェックしておきたいポイント 鍵を購入する際にチェックしておきたいポイント

鍵交換に使用する道具の種類

古い鍵から、新しい鍵へ鍵交換をする際には、道具を用意しなければいけません。他にも、取り付ける時に注意しなければいけないことも、覚えなければいけないのです。しかし、覚える量は特に多くはないので、自分でも鍵交換ができるでしょう。

鍵開け業者に必要な道具や作業の注意点を聞いてみた

鍵交換を行なう際にはどのような道具が必要ですか?
鍵交換で使う工具は、ドライバー一本だけで済むことが多いです。しかし、使用している鍵のメーカによっては、ドライバー以外のものも用意しなくてはなりません。場合によっては、巨大なチェーンカッターやニッパーなどを使わなければならない場所もあります。
交換を行なう際はどのような点に注意すれば良いですか?
シリンダーに、鍵をさしたままにしていないかという点に注意しましょう。鍵をさしたまま作業を行なうと、シリンダーについた鍵が取れなくなることがあります。また、コアの角度をしっかりと確認してから、作業を行なうようにすると良いです。

自分で鍵交換できれば費用を抑えられる

鍵交換は、個人でも行なうことができます。また、特に、専門の道具を必要としているわけでもないので、必ずしも鍵交換を業者に依頼しなければいけないというわけではありません。ですから、自分で鍵交換をして、無駄に費用をかけないようにしましょう。

最新式の鍵の取り付けで防犯性アップ

鍵と模型を持つ男性

暗証番号式の鍵は、従来の鍵のように、ドアを開けるためにキーを持ち歩く必要がありません。暗証番号さえ覚えていれば、スマホにかけた、画面のロックを解除するようにドアを開けることができます。暗証番号式の鍵は、ピッキングをすることができないので、防犯性が高いです。このようなタイプのものに鍵交換することも、選択肢に入れると良いでしょう。また、もし自分で難しそうだと思ったら、無理をせずに業者に相談してみることも忘れないようにしてください。

ドアの鍵は一見すると、複雑そうに見えてしまい、取り外しなどが難しいという印象を受けてしまいます。しかし、見た目とは裏腹に、初心者の人でも簡単に取り外しや取り付けができるのです。ですから、個人でDIYなどして楽しむこともできるのです。

TOPボタン