鍵交換をする時の大まかな流れを把握しておこう

鍵を購入する際にチェックしておきたいポイント 鍵を購入する際にチェックしておきたいポイント

個人で自宅の鍵を交換

鍵交換を行なう際は、ちゃんと手順通りに進めるようにしましょう。途中から自己流で行なってしまうと、鍵交換に失敗する恐れがあります。ここでは、正しい鍵交換をするための作業手順について、大まかに説明していきます。

鍵交換の作業手順

ドアや鍵の寸法を測る

フロント板の縦と横の寸法を測り、忘れないように記録しておきましょう。また、使われているネジにもサイズがあります。このサイズを間違うと、付けきれなくなることがあります。ですから、サイズは1ミリも間違わないように気をつけましょう。

目的やドアに合わせて新しい鍵を購入する

新しい鍵を準備しましょう。鍵を準備する際は、あらかじめ測っておいた寸法に合わせて鍵を選ぶようにしてください。鍵は、ネット通販などで購入することができます。鍵の情報が細かく記載されているので、しっかりとチェックして購入すると良いでしょう。

古い鍵を取り外す

100円均一などで販売されているドライバーセットがあれば、鍵交換をすることができるようになります。ネジはマイナスかプラスのどちらかが使用されています。それに合わせて取り外しましょう。

新しい鍵の取り付けを行なう

鍵を外し終えたら、新しく購入した鍵を取り付けましょう。鍵を外した時の逆の順番で、鍵を取り付けていきます。もし、取り付けに自信がないという場合は、記録用にカメラで外す前の状態を撮っておきましょう。

鍵交換をする際の大まかな流れさえ分かれば、自分で鍵交換をすることができるようになります。しかし、元々ついていた鍵と、購入した新しい鍵の形や種類が違う場合は、作業内容が大きく変化することもあるので注意しましょう。

TOPボタン